正しいオナニーで中折れを防ぐ!

正しいオナニーセックスはもちろんですが、お手軽に性欲を解消することができる物事といえばオナニーです。男性の中にはセックスよりもオナニーが好きという方も多く特に10代から20代、30代と若い世代の方は頻繁にオナニーをしているという方もいると思います。
そんなオナニーはやり過ぎると薄毛になるといわれていますが、それ以上に注意が必要な症状があるということをご存知でしょうか。
それは間違ったオナニーをし続けると中折れやED(勃起不全)になるということです。

過度なオナニーは要注意

オナニーはセックスとは違い、ペニスに自由に刺激を与えることができます。
特に若い方は刺激を求めてより過度なオナニーをやる方が多いと思います。
しかし、過度なオナニーをし続けてしまうとペニスがそれに慣れてしまい、柔らかい膣内での刺激では射精することができなくなってしまいます。
膣内で射精ができなくなってしまうと中折れやEDを引き起こしたり、また射精障害という症状を発症させてしまう恐れもあるので、過度なオナニーをされている方は注意しましょう。

現実にはないシチュエーションに要注意

オナニーをするためには性的興奮の材料が必要になります。
エッチな本や動画など、いわゆる「オカズ」という性的興奮の材料の中には通常のセックスにはない様々なシチュエーションが用意されています。
中には可愛らしいアニメキャラクターといった現実にはないシチュエーションも存在し、それが好きという男性も多くいます。
しかし、現実にはないシチュエーションでオナニーをし続けてしまうと実際の女性では射精できなくなってしまうことがあります。
もし、これらでオナニーをされているという方は通常のセックスのようなシチュエーションを考えてオナニーをしたり、なるべくリアリティの高いオカズを選んでオナニーをされてください。

まとめ

間違ったオナニーはEDに繋がる可能性があります。
それを防ぐためには一度自分のオナニーを見直すことが大切です。
また中折れなどのEDの疑いを感じた場合はバイアグラといったED治療薬をしようしてみてください。