正しい運動・食事で中折れを防ぐ

ウォーキング男性の恥ずかしい症状といわれているのが、中折れというペニスの症状です。
中折れは膣内でペニスがフニャフニャと萎えてしまう症状であり、それまでの親密な時間を一気に冷え切った時間にしてしまう恐ろしい症状でもあります。
中折れを経験してしまうと男性はもちろん、パートナーである女性にも大きな影響を与えてしまいます。
「自分の体に魅力が無い」「他の女性の方がいいの?」「浮気している?」などと感じることもあり、その影響から悪い方向へと繋がる場合もあります。
1回2回の中折れは男性ならどなたでも経験があると思いますが、これは日常生活や仕事の疲労、その日の体調などが原因です。
しかし、性行為を行うたびに中折れをしてしまうという場合は、もしかするとEDという症状かもしれません。
EDは勃起障害とよばれることもあるペニスの症状であり、一度発症してしまうと徐々にペニスの勃起機能が失われていき、最終的に勃起できないペニスが出来上がってしまいます。
普段とペニスの硬さが違う、射精するのがいつもより早い、頻繁に中折れをするなど、何らかの理由でペニスに違和感を感じている方はEDの恐れがあるため、早い段階で対策をすることが大切です。

EDを防止するなら

EDを防止するなら、自分の生活を一度見直してみてください。
特に40代や50代の方は肥満や運動不足といった生活習慣病がEDの原因になる可能性が高いといわれており、それらを改善することがEDの症状に繋がります。
EDは体を動かすだけでも効果的ですが、特にスクワットなどの下半身の筋肉を動かす運動がおすすめです。
股下や太ももなど、ペニス付近の筋肉を鍛えると結構も良くなり、ペニスの勃起機能の回復に繋がります。
また運動だけではなく、食事も見直してみてください。
脂っこい食事やジャンクフード、コンビニ弁当などカロリーを気にしない偏った食事ばかりを続けていると血行なども悪くなり肥満体質になってしまいます。
EDはペニスの血行が悪くなることで発症する可能性が高くなってしまいます。
頻繁に中折れをしている方は運動と食事を見直してみてください。

ED治療薬を使用しよう

運動の取り入れ、食事の見直しと一緒にバイアグラといったED治療薬を使用してみましょう。
ED治療薬は症状を治療してくれる効果があり、運動と食事と一緒に使用することで効果的にEDを予防することができます。